とある休日の1日(その1)

雑記

車を手放してからもう4年経つのかぁ~。

と、ふと思いながら愛車にまたがる。心の中でエンジンをかける。

右手でスロットルを思いっきり回し頭の中で爆音を響かせる。

左手でクラッチを放しロケットスタート!!!

と同時に右、左、右、左とペダルをこぎだす。とアホすぎる妄想にニタニタしながら自転車を走らせる。

気分はハーレーに乗った気分やね

妄想ハーレーを運転しているとタイヤに空気が入ってないらしく進み具合が悪い(体力の消耗が激しい)

最寄りの自転車屋さんにPIT IN

あの~、タイヤに空気入れてもらえますか?あと右にハンドルきった時勝手にブレーキかかるんですけど・・・

はい。とハンドルを左周りに1回転。

右ハンドルブレーキ問題は「あっさりカ・イ・ケ・ツ、オレ、セ・キ・メ・ン。」古すぎるか。

どうやら、壊れてたんじゃなく転んだ時にハンドルが一周してたらしい。

空気も入れてもらい、ブレーキの調整までしてもらってPIT OUT

お気をつけて行ってらっしゃいませ。

と爽やかに送り出される。

今までとは嘘のように軽々と颯爽に進む妄想ハーレーに心躍らせ走らせる。

とある商店街に到着、平日なのに結構な人混み。全員マスク姿。もうこの日常が当たり前になったなぁ~としみじみしながら探索。

商業施設へ立ち寄る。カルディコーヒーファームを発見!カルダーになった気分で入店。

始めて目にするものばかり、戸惑いを覚えるが、ここで怯んではイカンと思い見たこともない商品を手に取り「なるほど、なるほど」と知ったかぶり頷きをかます。

まだまだカルダーへの道のりは遠いなと思いつつ店を後にし、スーパーの果物売り場にいったがお目当てのものが高くて買わずにスーパーを出る。

再び商店街散策へ、昔ながらの果物店を見つける。

勇気を出して入ってみるか。

へいっ!らっしゃい!

と店主から二度見される。やっぱり場違いかな?と思いつつ専門職みたいな顔をして品定めをする。

すみません。グレープフルーツのルビーは置いてますか?

あいよ!

と冷蔵から出してくれた。1個100円也。スーパーより全然安い!即決。ふと横を見ると今旬の甘夏がほかの果物より場所を占領し中央に鎮座する。

一応聞いてみっか?

あの~甘夏はどれがオススメですか?

「俺が選んだから全部おススメに決まってるだろ!」と心の声が漏れそうなぐらいの勢いで「ここだよ。」と👉。

失礼しました。と思いながら『じゃ~これ1つ」

ととびっきりデカいやつを手渡すと店主がニヤリ。なんだこのやり取りと思いながら店を後にする。

店を出て、周りの人が僕を見ているような錯覚に陥る。場違いな場所から出てきたからなのか・・・など勝手な想像を膨らませる。

がいつもの素敵な勘違い、誰もお前なんか見ちゃいないし、気にも留めていないんだよ!と自身に言い聞かせて散策する。 

今回はここまで、続きはまたUPするのでお楽しみ・・・

最後までご覧頂き有難うございます。

ご質問、お問い合わせ等ございましたらお気軽にコメント頂けたら幸いです。

コメント

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
タイトルとURLをコピーしました